2016年03月24日

キーボード好きです

過日、新しいPC用のキーボードを一台購入しました。
こう言っては何ですが、自分、キーボードフェチです。
かといってコレクションするほど余裕もないので、毎回変える際はめっちゃ吟味した上で悩みまくります。
今まで使用していたキーボードも壊れない限りは取っておき、時折作業によっては使い分けしたりもしています。
ただ、私は文字を打つ頻度が高いので、ちょっと使うとすぐ文字の刻印が無くなってしまうのが困りもの凹

このブログぐらいならまだしもトランスフォーマー系や、小説サイト等々…とにかくキーを打つことが大好きなので、気合い入れる時はできるだけ自分の手のサイズに合った小さめの、しかもテンキーの無いモノを使うようにしています。
要は指の動きに無駄がないものですね。
(元々、誤字もめっちゃ多いから、それだけでもストレスなので)

そんな事でですね、今一番気に入って使っていたボードも文字の刻印がほとんどなく、不便になってきたので仕方なく(←嬉しい嬉しい)新しいのを買う事にしました。
で、今回悩んで購入した1台がこれです♪

【マイクロソフト [人間工学] ワイヤレス キーボード Sculpt Comfort Keyboard V4S-00022】

046.jpg

そう、今回どうしても欲しかったのは「人間工学(エルゴノミクス)」ボード♪
「長時間使用しても疲れにくい!」というやつですね。

今まではPCに付いて来た純正品ボードや、家電屋さんで購入してたBUFFALOが多かったのですが、それはどれも普通のディテールをした平たんなボードでした。

「エルゴノミクス キーボード」は手の置き方や、打ちか方に沿って湾曲したり、キーの配列が左右に分かれたりとちょっと変わったモノ。
※『参照画像&ソース:徹底検証!人間工学(エルゴノミクス)キーボード

↓で、今も使っているわけですが、こんな感じですね♪

041.JPG

分かりますか?キー列の中央が盛り上がって湾曲しているので、こう…両手をポンと机に置いたままの形で打鍵する事ができます。
横から見ても分かる様に超湾曲していますが、これが本当に具合いいんです。

047.jpg

そしてこのボードの優れた点は、パーム レストが手前に装備されている事。
これは自由に取り外すことが出来るのですが、もうね!これがね!極楽なんですよ黒ハート
外すなんてとんでもない!これのお陰で、今までデスクに直に置いていて痛んだ手首の接面部分がまったく楽になりました♪

パーム レストは別に買おうとすると、固さや価格もまちまちでけっこうな値段になるのでこうして既に付いてるのは嬉しいですね。
(ゲーミングキーボードなんかがまさにそれ)

横ですが、今回これを選ぶ際に迷ったボードたちを紹介しますv


『LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270』
048.jpg
ワイヤレスなのに、超安価で使い勝手も問題ないと、Amazonでも長きに渡って多くのユーザーに愛されてる優れもの。
なんせ安いのでね(発売当時で1500円くらい、今の方がちょっと値段上がってるくらいな人気モノ)これは何かの時用に買っておいても損はないんじゃないかな〜ってぐらい、実は今も欲しいですw

『LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk270』
051.jpg
上のやつにワイヤレスのマウスも付属したもので、どうせならね〜やっぱりマウスも何かの時用に替えがほしいですよね。ワイヤレスならなおよし。

『LOGICOOL ワイヤレスコンボ MK330』
050.jpg
ロジクールのMK330です。これも有名ですよね。
上のやつの新しい版ではありますが、何がいいって11個のホットキーがある事で、ボード上でのポータブル操作がとても簡単に出来るというもの。
からの〜ワイヤレスマウス付。

『マイクロソフト [人間工学] 有線 キーボード Comfort Curve Keyboard 3000 3TJ-00030』
049.jpg
これは、一番最初に目についた「エルゴノミクス キーボード」で、ちょっと迷ったってものです。
特になんら記述することはないかな〜。
しいて言うなら、初めてエルゴノミクスってのにする際に、初めてってちょっと不安もあるじゃないですか。
そんな時の入り口にいいような…なんせ1700円くらいなのでv 超安価♪
ただし、今回はワイヤレスを探していたので有線のこれは問答無用で却下でした。

------

という事で、総合評価的に私は今回『マイクロソフト [人間工学] ワイヤレス キーボード Sculpt Comfort Keyboard V4S-00022』を選択しました。
人生初の「マイクロソフト」ボードです♪

ホットキー※も付いてて、電卓なんて一発で出ますv
動画の再生や音量もこれで一発です。
しかもワイヤレスで、エルゴノミクス。
そして形がちょっと嬉しい魅力的な感じ。
※(Windows 8〜8.1でよく使用する、検索、共有デバイスや設定などの機能がワンプッシュで呼び出せます)

初めは慣れがいるかも…でも、そんなのすぐ大丈夫になるけどね(*'ー'*)
あと打鍵がですね・・、なんていうのかな、思っていた感じではなかった、うん。

打鍵音…、私はそれこそフェチでして、普通に作業中でもこの頃はYouTubeで「パソ活さん」のキーボード打鍵音動画を延々聞いてるほどです。



打鍵はすぐに慣れました。相性もあるかと思いますが、私はこの子好きです。
ちょっと横幅が大きいかな〜ってのと、一番右端のテンキーが使いずらい(指が届かない)のが難点。
完全に右手をテンキー配置にしてから、薬指と小指で打つしかないので、いちいち一度そちらを目視で確認するのが面倒です。男性にはいいかもしれませんね。

にしても〜、とにかく長時間打つのが本当に楽になりました!手も痛くなりません(涙)
寝ても覚めてもキーボードが私を誘ってきます(*ノωノ)あぁ〜もうほんと困る〜!

と、バカな発言しつつ、キーボードレビューを終了致します。
読んで下さった皆様ありがとうございました。

posted by MI. at 03:00| ダイスキ